ブログ

ブログ

2017/11/16 (木)

ディスカッションとコミュニケーションの大切さ①

〜ディスカッションとコミュニケーションの大切さ①〜 コミュニケーション能力とは何なのでしょうか?   コミュニケーション能力とは、簡単に言うと「意思疎通」のことであり、言葉による言語的コミュニケーションと言葉以外を使って行う非言語的コミュニケーションがあります。   まずは言語的コミュニケーションについて話します。   言語的コミュニケーション、それは簡単な挨拶から難しい論争まで様々なものがあります。私たちは日々人とコミュニケーションを取って生活しています。   最近ではコミュニケーションを取ることが苦手な人が増えていると聞きます。   では、コミュニケーションを取ることが苦手だとどのようなことが起きるのか考えてみましょう。 もし相手に意思や感情が伝わらないと相手はどう思うのでしょうか。   相手はあなたに対してどうしたら良いのかわからず困るかもしれません。また、あなたへの信用や信頼が生まれないかもしれません。もしかすると相手に不快な思いをさせてしまうかもしれません。   つまり、他人と共存していく上でコミュニケーション能力は大切なものだと言えます。   人は家族のような小さな集団から、学校、会社のような大きな集団まで、様々な集団に所属する以上コミュニケーションを取る機会がたくさんあります。   上手にコミュニケーションを取ることができたら、相手と良好な関係が築けます。   コミュニケーション能力とは、「友達とおしゃべりすることが得意な能力」ではありません。   友達でも、友達じゃなくても、年上でも、年下でも、日本人でも、日本人じゃなくても意思を伝えることができる力のことです。   相手の意見を聞き、自分の意見を言える力。   聞き上手、話し上手になるためには練習が必要です。   「ディスカッション」は、決まった結論がない中で、友達の意見を聞き、自分の意見を言い、そしてまた考えるための練習になります。   初めは友達の前で意見を言うことが難しいかもしれません。でも練習をして自信をつければどんどん話せるようになります。   つまりSoma Houseサッカースクールで行っているディスカッションは、コミュニケーション能力UPのステップの一つなのです。   日常生活でもサッカーでもコミュニケーションは必要ですよね。   ディスカッションの大切さを少しでも理解してもらえたら嬉しいです。   では、②に続きます!